鹿島のACLは優勝。そして楽しみな20日の日本代表戦

鹿島のACLは、11日の0時。ペルセポリスとの第2戦。
相手を受けたことで、全体のラインが下がっているところで、監督から「勇気を持って、ラインをあげよう」との指示。
サッカーってこのあたりが心理戦。

あげないと攻め込まれるし、かといってあげると、裏のスペースを使われる。
それは、草サッカーでも、プロの世界でも同じこと。
ただ、違ってくるのが、幅の使い方。
鹿島はサイドから攻めた時に逆サイドが空いているとして、逆側からの攻撃を考えるときに、一発で、しかも正確なロングキックでサイドチェンジが行える。
この差が大きい。
どんなレベルでもある。
以前、神戸のサイドチェンジを見ていたら足元もイマイチで、おそらくサイドチェンジの時間差が鹿島とは、少なくとも0.5秒はあったと思う。
この差がプロの世界だとさらに大きな差となるのだと思う。
何はともあれ、本日は頑張って欲しい・・・
そう先週のALC決勝戦をおもっていて結果として鹿島アントラーズが優勝してはや一週間。つぎは、日本代表戦の火曜日が楽しみですね。
わたしのよこでは、アントラーズファンで最近カシマスタジアムにいくのになんだか黒いタイツを履いています。タイツだとおもったら、着圧ソックスだとか。。。聞けば、足がパンパンになるのをふせぐサプリをのんでいて、それについてきた着圧ソックスなんだそうです。
たにかに、すこし、足が細くなったような気はします。