瀬戸内寂聴さん、95歳にして肉をたべ、ワインを飲む!

瀬戸内寂聴さん、95歳にして肉をたべ、ワインを飲む!

先日、瀬戸内寂聴さんって、
95歳にして、肉をたべ、ワインをのみ
ついでに日本酒ものみ、ビールも飲む、、、みたいな
ことをテレビでやっていました。

面白い人だと、いまさらながらに、
おもったのですが、そこで、先日、成田山に同僚と言った際に
南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の違いって知ってる?
と言う話になったことを思い出しました。

無宗教で、正月は、なんとなく神社に行き、
奈良に行けば、なんとなく、大仏のところにいき、
でも、クリスマスがくれば、なんだかメリークリスマスって
いっているわたしは、
南無阿弥陀仏と、南無妙法蓮華経の違いなんて、
まーーーったくしりませんでした。

聞いてみると、
南無阿弥陀仏は、法然上人の開いた浄土宗での
お経で、阿弥陀佛をどこまでも、信じます!!

みたいなことらしいです。
そして、南無妙法蓮華経は、
日蓮宗などで、唱えられるようで、
妙法蓮華経というお経をどこまでも、信じます!!

みたいな感じのようです。
先の、瀬戸内寂聴さんは、天台宗の尼僧なのですが、
天台宗では、
どうも、【なんみょうほうれんげきょう】
とは唱えずに、
【なもべいほうれんがけい】
というようです。

これは、わたしは、聞いたことがないので、
本当にそうなのか、ぜひ、京都に行った際には、
瀬戸内寂聴さんの
曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん)
にいって、
瀬戸内寂聴さんに
実際のことをきいてみたいとおもいます。

これから、段々と暖かくなって、
曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん)のある
京都の嵯峨野もいい季節になっていくので、
ちょうどよさそうです。

わたしは、実は、
彩塾という主婦を対象とした
ネットスキルアップ塾に入塾していて、
そこで、MOMOさんという塾長にいろいろ
教えていただいたのですが、
今度は、瀬戸内寂聴さんの
話などを聞いて、
いろいろ気づきを得たいと思います。^^