美肌メイクの基本はちょっとプラス。はっきり違う。

化粧下地はコントロールカラー
肌色を明るく整えて血色をよくする。ファンデーションのための下地作りで化粧のノリもアップする。
どのくらいの量を使って塗っていますか?正しい量と塗り方でファンデーションもちもグッとアップします。

1.真珠の粒くらい直径8mm程度を手の甲に載せます
2.両頬→鼻→口の周り→額→目の周りを順番に優しく伸ばしていきます。(指全体を肌にフィットさせるようにするとムラなく塗れます。)
3.肌質が違うくすみや赤みのある個所にピンポイントで塗ってなじませると全体がより均一な肌に変化。

美肌の決め手、ファンデーションで使うのはコンシーラー
とっても簡単、塗り分けできれいに仕上がるテクニック
1.パウダーファンデーションを塗る前にコンシーラーでピンポイントにクマやシミを撃退。
2.スポンジの2/3を目安にファンデーションを取ります。
3.基本は顔の中心から外に向かって塗ります。Tゾーンと顔の周りはうすく、頬はしっかりと塗ります。塗分けでペンキ塗りたてののっぺり肌を回避。メリハリをつけます。

ピンポイントでシミを消すコンシーラー
コンシーラーを手の甲に摂り、筆につけてから気になる箇所に塗ります。最後に指先でなじませます。

肌の印象を引き締めるアイブロー
黄金バランスがカギ、眼尻繭尻で顔の印象が決まる。
アイブローを使って印象的な眉を作っていきます。
一般的な眉の黄金バランスは
1.眉頭(鼻に近い端っこ)は目頭(鼻に近い目の端っこ)の上にくる。
2.眉山(眉の一番高いところ)は黒目の外側の上。(間違ってもより目はしないように)
3.眉尻(外側の端っこ)は小鼻と眼尻(外側の端っこ)を直線で結んだ延長上。
ポイントとしてはラインを引く前に眉をカットして綺麗な輪郭を作っておくことです。

アイシャドウ
グラデーションも簡単に決まる!目元に立体感を作る。
目の際とアイホールに向かってグラデーションを作るイメージ。
目頭から眼尻に向かって段々こくなるイメージ。
まずはこの二つを持つことです。
その上で目の際にアイシャドーを落として外に向かってなじませていきます。

アイライナー
綺麗の印象を目で作る。埋めとぼかしのテクニック
まつ毛の間を埋めるように少しずつ描きます。
書き終わったら綿棒の先を平たくつぶしてからラインの上側と肌の間をなぞってなじませます。

マスカラ
サッとつければパッチリとした目に早変わり

チーク
どこにチークを載せればいいの?ポンと載せて元気な肌

リップ
かわいいの決め手は輪郭にあり!綺麗な仕上がり。

元の肌ももちろん大切です。私はBIHAKUホワイトエッセンスの効果でメイクのノリが違います。解約も分かりやすい。