酵素と乳酸菌

酵素と乳酸菌、からだにいい物質ということはわかっているけど、その違いはよく分からないって人も多いんじゃないでしょうか??

酵素とは体内に存在するタンパク質の一種です。
乳酸菌は体内にも存在しますが、自然界にも多く存在している菌、生物なんです。
人間は体内で、酵素を使って栄養を吸収させたり、エネルギーを代謝させたりして生命活動を維持しています。
乳酸菌は体内、主に腸の中に存在していて、腸内環境を正常に保つための役割を果たしています。
そして両方とも、年齢が上がるにつれ、その体内の量が減っていく傾向にあります。
なので代謝が悪くなり、太り気味になりますし、腸内環境の変化から便通が悪くなったり、またがんの原因にもなったりします。
だから加齢とともに、何らかの形で酵素と乳酸菌を外部から補給してあげる必要があるんですね。
でも別々に補給するのって、ちょっと面倒じゃないですか。
どうせなら一気に両方補給出来たらいいのにって思うじゃないですか。
それができるのがサプリメントのいいところです。
良質な乳酸菌と生の酵素が摂れるサプリがOMXです。

OMXの情報はこちら>>>【OM-X】酵素サプリで超おすすめ!市販では買えません!!