首イボに有効な成分とは

イボの改善に有効な成分としてはヨクイニン、杏仁オイル、ドクダミを挙げることが出来ます。それぞれの成分の特徴と効果について紹介していきます。

まず漢方にも使用されるヨクイニンは麦、ハトムギなどに含まれる成分で、肌の炎症を抑制したり皮膚再生、保湿、皮膚を柔らかくする効果があります。だからヨクイニンを炎症からイボになる前に肌に使用することでイボの予防をすることが出来ます。また皮膚を再生する働きもあるので出来てしまったイボに対しても有効と言えます。

杏仁オイルは杏の種より抽出されるオイルで、体内に存在する皮脂と成分が似ているから乾燥を防いでくれます。保湿に最も効果的なのが入浴後で温まった皮膚にたっぷりの水分が皮膚より浸透していきます。イボの原因の1つに肌の乾燥を挙げられます。だからしっかりと杏仁オイルで保湿することによりイボのケアをすることが出来ます。

ドクダミは漢方にも使用される薬草で毛穴を正常化する作用があります。その他にも殺菌、除菌効果があり、皮脂を抑制する働きもあると言えます。過剰に分泌される皮脂を抑制することで清潔な肌を維持することが出来るのでイボ対策に有効な成分と言えます。これらの成分が配合されたイボ専用のクリームやオールインワンジェルなどが販売されているので試してみて下さい。

⇒イボに効果があると実感しているクリアポロンの口コミ