歯周病で発症率が上がる循環器系疾患とは?

歯周病菌は動脈硬化などの病気と大きく関連していることが分かってきました。

動脈硬化は血管内にプラークという沈着物ができ、血液の通りが悪くなるものです。

血液の通りが悪くなると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などになります。

今までこれらは不規則な生活習慣、運動不足、ストレスなどが要因とされてきましたが、新しい因子として歯周病が注目されているのです。

動脈硬化を起こした血管内のプラークを調べた結果、その中に歯周病菌がいることが東京歯科大学の研究でも証明されました。

また、アメリカのデータによると、60歳未満で歯周病によって骨の吸収が重度な人は、そうでない人と比べて2.48倍、心血管疾患を発症しやすいという報告もあります。

 

また歯周病が重症化すると、心臓・腎臓死が増えたというデータや、歯周病の治療で動脈壁の状態が改善したというデータもあります。

歯周病菌は血液中に侵入します。

この状態を菌血症と言い、健康な人はこれだけでは病気になりません。

血液に入り込んだ歯周病菌は、血管内の傷に対して炎症を起こします。

すると、炎症反応でプラークが形成されてしまいます。

これが動脈硬化の原因です。

このプラークの中でさらに炎症が起きると、やがて爆発を起こします。

すると、血栓が血液の中に飛びます。

それが心筋梗塞などを起こす原因となるのです。

このように歯周病は血管の状態を悪化させてしまいます。

そうならないためにも、生活改善に加え、歯科受診や毎日のブラッシングをさらに意識して行うと良いでしょう。

>>真っ白な歯に!はははのは解約方法はこちらのサイト!