借金減らす方法広場

借金でお悩みの方は多数おり、それを救済する方法も実は多数あります。
その方法を知りたい方はそのまま読み進めてください。

まず、返済に行きづまったときの借金を減らす方法を大きく分けると4つあります。
自己破産、個人再生、任意整理、特定調停です。

自己破産は返済可能な資産をすべて返済に充て、それでも返済しきれない借金を裁判てつづきにより免除してもらう方法です。破産と言うと何ともイメージはよくありませんが、メリットとしては実は一番大きい方法なのです。

個人再生とは比較的新しい制度ですが、考え方としては何らかの事情で自己破産ができない人が、裁判手続きにより借金の一部のみ免除してもらい、その残りのみを返済して解決する方法です。破産と比べるとイメージは良くなりますが、全額免除されない分メリットとしては破産より弱い部分もあります。ここでいう何らかの事情で破産できないケースとは、住宅ローン返済中で、その自宅は手放したくない場合や、警備員や保険の外交員など破産者となると仕事が続けられない資格のお仕事の方が主な対象となります。

そして任意整理ですが、こちらは裁判手続きでわなく、債務者及び債権者のあくまで任意の話し合いに基づく解決方法です。通常は個人の話し合いには業者は応じてくれないため、弁護士などの専門家への依頼が前提となります。交渉の結果は主に、将来利息をカットしてもらい、元本のみを3~5年の分割払いで返済を行い解決することになります。将来利息がなくなり、返済した分ずつ借金が減っていくため完済のめどが明確になることが一番のメリットとなります。

最後に特定調停とは、任意での話がまとまらない場合に、裁判所の調停委員を間に入れて返済計画に折り合いをつける手続きとなりますが、通常は自身ですべて対応する必要があり、専門家に依頼する場合はその費用と依頼した場合の経済的利益を比較し頼むべきかどうかをよく検討する必要があります。

このように借金を減らす方法はたくさんあるので、返済に行き詰ったときは落ち着いてその方法を選択していきましょう。