愛犬との正しいスキンシップの仕方とは?

情操教育で穏やかな良い子に育てる

我が家にはじめて子犬がやってきた日から、しつけはスタート!

素直に賢く育てていくために、正しいスキンシップの仕方や社会への暮らし方を学んでいきましょう。

愛犬と心をはぐくむ

あなたとのスキンシップ、他の犬との出会い、小さな冒険を通じて、子犬はのびのびと育ちます。

生後2~3ヵ月が性格形成に影響します

子犬は産まれてすぐに、母犬やきょうだい犬との関わりから犬社会のルールを学び始めます。

生後2ヵ月くらいまで他の犬と過ごしていないと、犬同士のコミュニケーションが取れなくなることがあります。

犬を入手する時には、犬同士のルールを学んだ生後2ヵ月過ぎの犬を。

家庭に犬がやってくる生後2~3ヵ月の時期には、たくさんの経験を積ませましょう。

 

まず、子犬がやってきたら正しく抱っこし、スキンシップをします。

あなたと子犬の絆を育てる第一歩です。

徐々にブラシやドライヤーなどのお手入れにも慣らしていきます。

将来、人と一緒に行動するのが好きな犬にするために、おもちゃで一緒に遊びます。

いろいろな音を聞かせたり、知らない人に会わせたり、犬や猫を見せたりして、社会性も身に付けさせます。

 

生後3ヵ月を過ぎると、犬は見慣れないものを強く警戒するようになります。

その前に経験豊富にしておくことが、健やかな心を育めるかどうかの鍵。

成犬になった時の性格にも左右します。

この大切な時期を逃さず、いろいろなものに慣らしていきましょう!

これらをマスターしよう!

1、スキンシップ

からだじゅう、どこでも触らせてくれるスキンシップが好きな犬に育てるために、正しい触り方をマスター。

2、お手入れ

毎日のお手入れを嫌がらずさせてくれるように、小さい頃からブラシやドライヤーなどに慣らしておきます。

3、遊び

遊びを通じて、人と一緒に遊ぶのが大好きな犬にします。

犬が好きな遊び方を知っておくと、スムーズに遊べます。

4、社会性を身につける

将来の生活を想定して、いろいろな経験を積ませます。

ワクチン接種前に、バッグに入れて外の世界も見せておきます。

子犬の頃にいろいろ見せたり、経験させて慣らしておくと、どんな相手とも仲良しになれます!
初日は構い過ぎず、子犬が落ち着ける時間をつくって

子犬を家に連れてきた日は、可愛いからと構い過ぎず、そっとしておきます。

初めての家は、子犬にとって不安なもの。

大きな音を立てないように気を付け、子犬が家を探索し、慣れることができるように見守ります。

しずかなところにベッドを置きましょう。

子犬が使っていたタオルなどをもらってきて、新しいベッドに入れてあげると落ち着きます。

初日の注意①

食事は子犬用を与えて。

決められた量の半分でOK。

初日の注意②

夜鳴きに神経質にならないで。

数日で治まる場合がほとんどです。

初日の注意③

ベッド、ハウス、トイレは目の届く、

静かなところに用意しておきます。
子犬は多くの睡眠時間を必要とします。

寝はじめたら、静かに見守ってあげると良いでしょう。

>>ワンブル口コミ、しつけに効果的なアイテムとは!?