投資家としての成功率を高めたい人だけ読んでください【あなたは大家ではなく、オーナーです】

【不動産業界が、経験者を優遇する本当の理由とは?】

目先の利益を追い求めてきた不動産管理会社は、いまだに、歩合制を取り入れていることが少なくありません。

 

すると、入居者さん(投資家)には不利益でも、「決めればいい」。

 

オーナーさん(投資家)に対しても、できるだけ手間を省くと言った体質になってしまいます。

 

一度、不動産業界で歩合のうま味を知った人間が「もっと、歩合のいいところはないか」と、業界内を渡り歩く。

 

そのため、いつまでたっても、サービスの改善が進まず、不動産業界特有の「うさんくきさ」がなかなか拭い去れないのです。

 

「経験者を優遇する」のは、裏を返せば、未経験の人を研修できる制度がないということです。

 

私の会社では、積極的に新卒者や未経験者を採用しています。

 

なぜなら、しっかりとした教育制度があるため、誰でも数カ月もすれば、一通りの知識を学び、業務を行えるようになるからです。

 

そして、新学者であれば、不動産業界に染まっていない、また、他業界の経験者であれば、別の視点で業務のやり方を見ることができ、さまざまなアイデアを提案できるという利点があります。

 

私の会社では、どれだけ経験が豊富で、営業力が高くても、考え方が合わなければ、採用しません。

会社全体で一丸となって、目指す方向に進むためには、価値観への共感が大切だと思っているからです。

 

 

 

【オーナーさんも理念を持とう!投資家としての成功率を高める】

業種や業界などに関係なく、仕事には理念が必要です。

 

利益を上げて、会社を存続させ、従業員を雇用し続けるのは企業の役目です。

 

ですが、その役目を果たすために、何をするのか。

 

講のため、そして世の中にどうやって貢献して、売り上げを上げるのか。

 

そこが、しっかりしていない企業は、必ず淘汰されていきます。

 

不動産管理会社も、これからの時代に生き残るためには、理念をきちんと持ち、理念に則ったサービスを提供していかなければなりません。

 

また、企業だけではありません。

 

個人で経営しているオーナーさん(投資家)も、理念にあたるものとして、「悪い」や「信念」 そして「こだわり」や「哲学」を持つべきだと、私は考えます。

 

「親から受け継いだから」「相続税対策でつくっただけだから」などといった、消極的な姿勢でうまくいく時代は、とっくの昔に終わっているのです。

 

オーナーさん(投資家)が理念を持てば、「マンションを建てるときにお世話になったから」「これまでの付き合いがあるから」といった、しがらみで不動産の管理を任せなくなります。

 

自然と、仕事に共通の意味を見いだし、自分の思いを実現してくれる、パートナーとして、不動産管理会社を選ぶようになるはずです。

 

【あなたたちは投資家です。「大家さん」はやめなさい】

また、私は、理念を持つこと以外に、もう一つ、オーナーさん(投資家)にお伝えしたいことがあります。

 

アパートやマンション、そして一戸建ての賃貸や売買をするのは、一つの事業であり、不動産投資です。

 

よく、会社の経営と投資は、まったく別だと考える人がいますが、利益を得ることを目的に、資金を投下するという意味では同じです。

 

「投資家」と呼ばれる人たちの中には、リスクに備えず、高いリターンを夢見て、お金をつぎ込む人が確かにいます。

 

ですが、会社経営であっても失敗したり、損失を出したりすることもあるのです。

 

投資はギャンブルであり、会社経営は確実なものという人は、そういう目で見ているから、自分の考えを裏付ける情報しか入ってこなくなっているのでしょう。

 

人々に住む場所を提供して利益を得るのは、「不動産投資」です。

 

ですから、私は「大家さん」ではなく、敬意をこめて「オーナーさん」と呼んでいます。

 

オーナーさん(投資家)たちに、「自分たちは投資家だ」という自覚を持ってもらいたいからです。

 

「投資家」だと思えば、家賃をすべて自分の「小遣い」として使ってしまう、または、毎年何百万円も赤字を出しているのに、平気でいるといったことがなくなります。

 

もっと計画性を持って、収入と支出を管理し、きちんと利益を出すことができるようになるはずです。

 

「自分たちは、人々に住居を提供するという、素晴らしい仕事をしている」ことを自覚し、入居者さんの幸せを追求するための理念を持って、ぜひとも主体的に、不動産を運営していってほしいと思います。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 

オーナーにとって重要なことは「収入がしっかりと安定して入ってくる」といった数値的な側面もありますが、その数値をたたき出すためには「自分はオーナーだ」という自覚が重要なんです。

 

自覚を持つことが投資家としての成功率を高める唯一の方法です。

 

それは、例えば、マンション投資のために自分の家を売却して投資したマンションに住み込む管理人になると言った選択をする人もいるでしょう。

 

その場合、自宅を少しでも高く売って投資へ回すことが重要です。

 

自分の家を高く売却するためには、複数社の大手に査定依頼をして見積もりを比較することから始まります。

 

すまいValue(すまいバリュー)では、ほんの60秒で最大6社の大手不動産業者に査定依頼をすることができます。

 

すまいValueでしか一括査定を受け付けていない大手業者もいますので、興味のある方は一度すまいValue(すまいバリュー)をネットで検索して、「すまいValueってぶっちゃけどうなの?」という点を確認してみましょう。