帰化申請の条件

日本人に帰化をするには一定の条件をクリアしなければいけません。
まず、帰化とは日常の生活や、仕事の都合から、日本人となって生活をした方がよいと考える外国人の方が日本人になるための手続きです。

帰化の手続きですが、誰でも認められるわけではありません。法律で、帰化が認められるための条件が決められているのです。
地方法務局によっては家庭訪問も実施されるので、プライバシーを公開する覚悟をもった上での申請が必要です。
必要書類はかなり多く、ケースにより多少異なり、帰化許可申請書のほかに、国籍を証明する書類、生計の概要書、事業の概要書、給与明細書、身分関係を証明する書面、親族の概要書、住民票、履歴書、帰化の動機を説明する文書、宣誓書、納税証明書、住居・勤務先の略図、技能・資格を証明する書類などが必要になります。これらの書類全部を外国人の日本語能力で完璧に仕上げるのはかなり大変です。
 手続き上世帯を同一にする一家族単位に取り扱われています。一家の中心となる方の住所地を管轄する法務局に一括して申請をすることができます。申請してから審査にかかる期間は、10ヶ月~1年以上になることもあります。もちろん状況に応じてこの期間は変わります。
 こうした流れでようやく日本国籍が与えられ日本人として認められるのです。
 帰化申請は許可されるまでに膨大な時間と書類の収集、作成が必要ですので、まずは帰化申請の条件を確認するためにも行政書士へご相談をおすすめします。