リコピンの効能とは?

リコピンはカロテノイドという天然色素に含まれる赤色の色素で、身近なものではトマト、ピンクグレープフルーツなどに含まれている成分です。このリコピンは強力な抗酸化作用があり、βカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍に相当します。

抗酸化作用とは、活性酸素によって酸化を抑えることで病気の予防、健康促進、アンチエイジング効果があります。ですから抗酸化作用を持つリコピンは、人のカラダの細胞や血管、DNAが傷つくのを防ぎ、生活習慣病やカラダの老化の進行を抑制する効能があります。具体的には動脈硬化や高血圧、糖尿病などの予防や改善効果があります。そんなリコピンですが、今話題の生酵素と一緒にとれるスムージーをご存じですか?生酵素スムージーの人気商品の中にリコピンが含まれている商品がたくさんありますので、スムージーはおすすめですね♪

人の健康に良いとされるリコピンは、美容にも効能があります。それは紫外線に当たったとき、活性酸素の発生が肌細胞を傷つけ、肌の再生に悪影響を及ぼし、これがシワ・そばかすの原因となるのですが、リコピンが持つ抗酸化作用で肌に発生した活性酸素を抑制し、結果的にシミ・そばかすの予防になるのです。また黒い色素であるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制してメラニン生成を抑える効能で、シミ・そばかす、ひいては、クスミまでも予防すると言われています。