サプリメントとお薬の違い

「サプリメント」と「お薬」は、ともに外見は粒状にできていて似たような形ですから同じように飲用している方を多く見かけますが、この2つは目的が違いますから服用には注意が必要です。

サプリメントの本来の意味は、「補足」です。メーカーは「日常不足気味の様々な栄養素を補うための食品」なので、「健康補助食品」と呼び、気軽に飲まれるようになった経緯があります。私たちは普段、食事を通してビタミンやミネラルなどの栄養素を取り込み、病気にかからないようにする免疫力を得ています。また病気になっても自然に治す自然治癒力も得ています。しかし普段の食生活ではそれらを摂取するには不十分であることや、ストレスなどで栄養素は消費、失われていく傾向があります。これを補助的に補っていくものがサプリメントです。

一方のお薬は病気を治したり症状を和らげたりすることが目的で、サプリメントが病気になる前に飲むものであるのに対して、お薬は病気になってから飲むものですから、両者は飲む目的、服用タイミングがまったく異なるものです。サプリメントは「食品」であって、お薬は「薬物」ですから、服用量を間違えたりすると人に対して毒物となり得ます。もちもちすっぽんコラーゲンの評価