葉酸は赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

妊娠を計画している、妊活中の方にとって、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

ビタミンの一種である葉酸には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。

また、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

ほかにも、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。

ですので、妊活中の夫婦それぞれに非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。

【妊娠したい女性注目!】妊活に効果的な葉酸サプリランキング!